実践ビジネス英語の勉強日記

2017年4月開講の「実践ビジネス英語」の勉強を始めました。

【Lesson1】First Impression #3

明日(4/14)は、テキスト5月号の発売日ですー!
どれくらい出来ましたか?
わたしは、今月は何回も音声を聴けました。
Lesson2の最後のほうは、ちょっと集中の濃度が薄くなった感じがありますが、
明日が楽しみです。

Lesson1の3回目です。

本文より。
"After those crucial first seven seconds,
most recruiters spend the rest of the interview internally justfying their first reaction."
こうした決定的な最初の7秒が過ぎると、
たいていの採用担当者は残りの面接時間を、
自分の最初の反応を自分の中で正当化するのに費やす

crucial・・・決定的な
internally justfy・・・自分の中で正当化する
likeability・・・好感度
aggressiveness・・・積極性

aggressive という単語は、日本語でも、
「アグレッシブ」と言って、よく使われます。
が、英語だと、「積極性」と訳されるんですね。
日本語だと、「攻撃的な」という意味合いで使われますが、
違いますね。

flashy・・・派手な、けばけばしい 類似語:polished

"Yes, like it or not, appearance counts for a lot."
そうですね、好むと好まざるとにかかわらず、見かけはとても大切です。

そうだと思います。
見かけはとても大切ですね。
"Fine feathers make find bird, as they say."
よく言われるように、美しい羽が美しい取りをつくるのです。

ことわざにあるように、よく言われるように、
というのは、as they sayと言います。

テキストの最後にあるコーナーの、
Quote... Unquote のコーナーのsentenseもとても勉強になるのですが、
今回は、これです。

"One of the greatest and simplest tools
for learning more and growing is doing more."
- Washington Irving (U.S. writer, 1783-1859) - 

より多くのことを学んで成長するための最もすばらしく最も簡単な方法の1つは、
より多くのことを実際にやることである。

学んだことを実際にやるのが、一番身に付くのが早いということですね。
英語も、学んだことをすぐに使うのが、
一番自分の身に付くことですよね。

That's all for today!
今日はここまでです!

読んでいただきまして、有り難うございました。